読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマビコブログ

雑多にいろいろ

FUJIFILM GFX 50S

現在愛用しているFUJIFILM X-Pro2を購入しようと思ったとき、本当にこれでいいのか?と迷った。それは同じくFUJIFILMから「GFX 50S」という最高の中判サイズのカメラが発売されるという発表があったから。

【FUJIFILM】中判デジタルミラーレスカメラ『 GFX 50S』正式発表 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。

 

フルサイズセンサーの約1.7倍にもなる巨大センサー、FUJIFILMが誇るXシリーズのわかりやすい操作系、フィルム時代から受け継がれてきた色再現。

 

私はもともとX-E1を使用していたからFUJIFILMの良さは知っていた。島に暮らしていた時にこの景色を記録に残さなければもったいないという思いで何か少しいいカメラを欲しいというところから始まった趣味、写真撮影。当時いろいろ調べた結果、優れたエントリー機として各メディアで取り上げられていたX-E1を購入し、写真撮影を楽しんだ。色再現が綺麗だと、目の前に写実絵画が立ち現れてくるようで実に気持ちが良い。やっていることは目の前の景色の記録なのだけど、シャッターを押しているだけでアートな気分に寄り添える。私は何よりX-E1の醸し出すあの雰囲気が好き。FUJIFILMの原点回帰を表現したクラシカルなデザインが撮影意欲をそそる。

ただ、欲望の塊である私はこのカメラにいつしか飽きを感じ始めていた。というより、周りの人々から写真を褒められることで調子に乗り、これよりいいカメラだったらもっと写真がうまくなるだだろうという傲慢から、別の新しいカメラを探し始めた。もっと正しくいうならば、X-Pro2の発売を知り、自分はX-E1がもう必要でないという理由探しを始めたのだろう。

 

そうして買ったX-Pro2。これが最高。最高なのである。大幅に機能が増え、大幅にサクサク度が増し、大幅に撮影画像が美しくなり、デザインかっこいいし、シャッター音はポップで軽快だし。

今までは自然の中での撮影が多い私であったが、これを手にしてからはカメラを持ち出して街中で撮影をするようになった。軽快にもたつくことなく撮れるからすごく具合がいいのである。街中での撮影用にレンズも慎重しようということで、スナップ写真の王者ライカ様のレンズも新しく導入し、ますます自分の中で気持ちが高まっているスナップシュート。

動かない自然と対峙して少ないシャッター数で切り取っていた頃とはスタイルが変わり、刻々と変化していく流れを捉えるためにシャッター回数が増えてきた。身につける服が変わるとそれだけで所作が変わることって間違いなくあると思うが、それはカメラも同じ。包丁が変われば出来上がる料理に違いができるように、カメラが違えば仕上がる絵も変わる。

 

X-Pro2でこんなに満足なのだからGFXはさぞかし。

GFXが発売された後のレビューが楽しみでならない。